« 3 お祭りモード | トップページ | 5 都市という山小屋生活2(脳としての都市) »

2006年8月 4日 (金)

4 都市という山小屋生活

お祭りモードを別の話に例えるとすれば、きっと山登りが適当でしょう。我々は、工業技術や経済政策といった「装備」を使いながら、産業革命以降長い時間を掛けて山を登ってきたように思えます。先を行くアメリカからは、グズグズするなと叱られ、後ろからは中国・韓国をはじめとする東南アジア諸国に尻をつつかれ、ヨーロッパ隊と競いながら山登りを続けてきた訳です。

その結果どこにたどり着いたかといえば、都市という人工的に作られた「山小屋」でした。山小屋は、ふもとからの補給無しには1週間と持ちません。都市も同様で、毎日供給される食糧、電力、ガス、水道、生活用品の補給無くしては、数日しか持たないでしょう。コンビニの食糧は数時間で空っぽになるはずです。つまり、都市は全く山小屋と同じ構造だったのです。

山小屋や都市生活は、補給が続けられている限りは確かに快適です。空調された住宅や事務所、便利な交通機関、人工的なアミューズメントも豊富です。しかし、神戸の震災が雄弁に証言しているように、ライフラインが断たれた都市や山小屋は悲惨です。その日から、とりあえずの水や食糧にも困窮してしまう事になります。

我々は、戦後の復興期以降、高度経済成長期を通じて、一生懸命努力しながら結局は山小屋的生活を選び取ってきたと言う事になりそうです。ではどうすべきかですが、それをこのブログで少しずつ書いて行く事とします。

|

« 3 お祭りモード | トップページ | 5 都市という山小屋生活2(脳としての都市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4 都市という山小屋生活:

« 3 お祭りモード | トップページ | 5 都市という山小屋生活2(脳としての都市) »