« 2 天職その2 | トップページ | 4 都市という山小屋生活 »

2006年8月 4日 (金)

3 お祭りモード

2000年頃自分の人生や歩いてきた20世紀の後半の社会をじっくり振り返って見たとき、この時代は100年後に振り返ってみると、きちがいじみたお「祭り」の時代に見えるかも知れないと、しみじみ思いました。バンバン車にのり、ガンガン冷暖房を効かせ、モリモリと美味しい食べものを口にし、ポイポイゴミを捨てる生活は、まさにお祭りにしか見えません。祭りの後には、虚脱感と山のようなゴミが残るだけでしょう。お祭りモードの絶頂は、多分1980年代後半のバブル期でしょう。タイミングの良いことに、1990年代に入るとバブルが崩壊し、「右肩上がり神話」も崩壊したかに見えました。景気の悪化により、資源やエネルギーの消費も少し減速したかに見えました。

しかし結果としてみれば、1990年を基準にすれば、エネルギーの消費は8%も増加していたのでした。産業用は確実に減りましたが、日々の生活に関わる民生用が大幅に増えたためです。どっこい、お祭りモードは終わってはいなかった訳です。政府は必死になって、京都議定書の約束期限である2012年までに、6%の達成のため、声を大きくし、旗を必死に振りますが、今のペースでは多分達成は無理で、結局は、CO2の排出権を金でロシア当たりから買うしかないでしょう。

お祭りモードを出来る限り早く終わらせるのも環境十字軍の仕事のひとつなのです。

|

« 2 天職その2 | トップページ | 4 都市という山小屋生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3 お祭りモード:

» お祭りモード [skysthelimt]
nice.. [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 18時25分

« 2 天職その2 | トップページ | 4 都市という山小屋生活 »