« 116 捨てない知恵2 | トップページ | 118 不便を楽しむ3 »

2006年10月27日 (金)

117  Win /Lose

Win/Winはインテル社で使われ始めた表現だと言われています。例えば「あなた(顧客)もハッピィ、私(企業)もハッピィ」の関係を指します。投稿者の場合この言葉を聞くと、「あなた」と「私」につい「人類」と「環境」を当てはめてしまいます。これは実は投稿者が「環境症候群」に陥っている証拠かもしれません。もちろん本人が自ら望んで罹患しているのでどうぞほっといてください。

さて、環境と人類がWin/Winの関係に収まることは可能なのでしょうか。残念ながら答えは悲観的です。先ず人口が増えすぎたことが大々問題です。環境に影響を与えずに60数億の人口は絶対に養えません。次は、欧米諸国が科学技術を使って快適な生活を実現して見せたことがやはり大問題です。日本はこれを手本に必死に働いて「近代国家」を実現した訳ですが、後ろに続く国々も「我々もあんな快適な生活が送ってみたい」と考え、続々とその真似を始めている状況があります。

ところで環境自体は絶対に負けません。何故なら環境はどんなひどい状態になってもその状態が「新しい状況の環境」であり、結局被害を受けるのは環境を悪化させた我々自身と、その巻き添えを食う不運な生物達だけだからです。その意味で、負けて引き下がるのはもっぱら人間側でなければなりません。環境と人間に関する限りWin/Winではなく、人間サイドが一方的に譲る<Win/Lose>とならざるを得ないでしょう。今は死語ですが、そういえば日本にも確か「謙譲の美徳」という言葉がありましたよね。

|

« 116 捨てない知恵2 | トップページ | 118 不便を楽しむ3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 117  Win /Lose:

« 116 捨てない知恵2 | トップページ | 118 不便を楽しむ3 »