« 84 地球を小さくする技術 | トップページ | 86 科学の限界(ダヴィンチ学) »

2006年10月 4日 (水)

85 時間を加速させる技術

これも時間シリーズです。地球が小さくなった事を別の言葉では、時間が加速しているとも言えるでしょう。時間の長さの法則でも書いたように、時間を加速すればイベントの数は少なくなり、人間の一生もあっという間に終わってしまうでしょう。もし、<生まれた、学校に入った、就職した、結婚した、子供が生まれた、熟年離婚した、年を取った、死んだ>、などという自分史しか書けない人生だとしたら、やはり寂しいものがあります。もし、東京から新幹線に乗って博多まで行く間に、途中で経験するイベントは「社内販売で駅弁を買って食べる」だけになるとしたら、これは科学技術の大きな罪ではないかとさえ思います。

時代を少し戻って新幹線以前の事を思い起こせば、東京・九州を24時間も掛かって旅行していた時代がありました。その時代には、富士山をゆっくり眺める時間や、夕日の沈む景色や朝日の昇る景色、名古屋や大阪で相席の人が入れ替わること、何回か駅のホームに下りて買う駅弁などなど、きっと長く思い出に残る旅であったことでしょう。「技術によって加速させられた時間」を生きるのも、そろそろやめにしたいものです。これをやめるには、多分スローライフ志向しかないでしょう。今までよりいくらか手間がかかり、より多くの時間を必要とする行動を選び取ればよいわけです。出かける時は、車より自転車、自転車より歩きを選べばよいのです。四国遍路が静かなブームとなっている事も、時間加速時代の反動現象ではないかと見ています。

|

« 84 地球を小さくする技術 | トップページ | 86 科学の限界(ダヴィンチ学) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 85 時間を加速させる技術:

« 84 地球を小さくする技術 | トップページ | 86 科学の限界(ダヴィンチ学) »