« 91 対策と原因排除2 | トップページ | 93 不便を楽しむ2 »

2006年10月 9日 (月)

92 不便を楽しむ(工夫しないストレス)

この季節では考えられないほど北アで多数遭難しましたが、投稿者が先週登った時も、3000m級の山は、夜間は氷点下まで気温が下がっていましたので夜はテントの中で震えていました。荒れれば雪になる季節に入っているので、山を甘く見ればこのような結果が起こっても不思議ではありません。

さて山によく登りますが、山小屋は狭い上に料金が高いので殆ど使いません。専らテント+自炊ですが、やはりそれなりに不便です。なにより炊事用の水の確保や食材や炊事用具を運び上げなければなりません。しかし、実際のキャンプでは不便は殆ど気になりません。何故ならそれを「覚悟」して山に登るからです。同様に、環境にやさしい生活にもそれなりの覚悟があれば、どうにか実行できる筈なのです。人間は何時から我慢や覚悟が出来なくなったのでしょうか。辛抱という言葉はいまや殆ど死語になりました。これらの事をじっくり考えてみる必要があります。原因は、多分便利過ぎ、快適過ぎる生活に慣れ過ぎた事でしょうか。

不便は実は楽しいはずです。限られた資源を使いながら不便を克服するためには、多くの工夫が必要となります。工夫する事は、好奇心と同様人間の根源的な能力であり性質だと想像されますが、これを発揮しない事は逆にストレスの原因にもなり得るような気がします。もしモノを作ったり、工夫したりしない事がストレスの原因になるのなら、便利になり過ぎた今の世の中で、我々のストレスが減らない原因の一つが説明できる可能性があります。モノを一生懸命作らせたり、発明工夫をさせたりすれば、キレル子供が減るかもしれません。いずれにしても沢山の工夫をしながら、不便を大いに楽しみましょう。

|

« 91 対策と原因排除2 | トップページ | 93 不便を楽しむ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 92 不便を楽しむ(工夫しないストレス):

« 91 対策と原因排除2 | トップページ | 93 不便を楽しむ2 »