« 144 風力発「熱」 | トップページ | 145.5 閑話休題(不安の時代) »

2006年11月19日 (日)

145 省電力

省エネルギーの内省電力の技を考えて見ます。投稿者の家の生活パターンの場合、朝食の終了時点まで約25%の電力を使っています。電気釜、トースターや電子レンジなどの消費電力です。夕方までには更に+35%の電力を消費します。残りの40%は家族全員が揃った時間から就寝までに使っています。先ず待機電力を減らすため、いくつかのコンセントにスイッチつきのアダプターを付けました。これは100円ショップで、1個200-300円程度で買えます。更にトイレの電球が切れたのを機会にワット数の小さな電球に変えました。エアコンもコンセントを入れたままでは待機電力を消費するので使わない時はこれを抜いておきます。ここまでは普通の省エネです。

更に、風呂場の57Wの白熱電灯が切れたついで、これを17Wの省エネ型の電球型蛍光灯に変えました。風呂場は、4人合計で2時間以上点灯するでしょうから、一晩で約100wHの節電です。また電力のかなり大きな部分は、250wの消費電力のテレビで消費していそうなので、大型液晶テレビの導入ブームには逆行しますが、地上デジタル対応の買い替えのタイミングでは比較的小型の液晶テレビにするつもりです。パソコンはデスクトップが古くなったので、やや大型のノートパソコンを導入し、データを移動中ですので、150wが50w程度には下がるはずです。毎日数時間は使っていますので、300-400whの節約になるでしょう。(結構パソコンも馬鹿にならない)

|

« 144 風力発「熱」 | トップページ | 145.5 閑話休題(不安の時代) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 145 省電力:

« 144 風力発「熱」 | トップページ | 145.5 閑話休題(不安の時代) »