« 145.5 閑話休題(不安の時代) | トップページ | 147 時間の余裕と省エネ »

2006年11月19日 (日)

146 移動の省エネ

移動に車を使うのは最悪です。しかし恥ずかしながら投稿者の家にも車が2台あり妻と娘が使っています。娘は通勤に使っていますが、もう1台を妻が動かすのは買い物のために週2、3回程度です。ちなみに投稿者はといえば、長いサラリーマン生活の殆どを自転車通勤で通しましたが、環境カウンセラーの活動のための移動や放送大学の学習センターに時々通う必要もあり、しかたなく会社を辞めたときの退職金で250ccのバイクを買いました。実際に使ってみると、平均的にはガソリン1リットルで約30km近くは走ります。車のおよそ1/3の燃料消費です。将来このバイクが動かなくなったら、今度は50ccの「カブ」に買い換えるつもりです。こちらだと1リッターで60km以上は確実に走りますから更に半分のエネルギーで済みます。これは人一人の移動手段としてはバス並みに経済的で、鉄道の能率に迫ります。東南アジアの国々でカブが絶大な人気を得ている理由もうなずけます。一人だけの移動なら鉄道以外では間違いなくカブに軍配が上がります。ちなみにホンダのカブは全世界で1千万台以上を売った、日本が誇る隠れた超ベストセラー商品でもあります。

言うまでもなく、自転車でのエンジンは人間の筋肉ですが、同じく筋肉をつかう歩行に比べてもエネルギー効率が数倍高く、今後とも「最善の移動手段」であり続けることは間違いありません。

明日は、旅行不在のためアップ無しです。

|

« 145.5 閑話休題(不安の時代) | トップページ | 147 時間の余裕と省エネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 146 移動の省エネ:

« 145.5 閑話休題(不安の時代) | トップページ | 147 時間の余裕と省エネ »