« 170 目的の無い技術 | トップページ | 172 言葉による価値観変化2 »

2006年12月 9日 (土)

171 言葉による価値観変化

当たり前のことですが、人間は「言葉」を使ってしか考える事ができませんし、言葉によって思考や行動も影響をうけます。例えば、現代では科学・技術用語によって我々のものの考え方価値観までもが影響を受けています。その例は山ほどありますが、日常使う言葉に最も明瞭に表れているような気がします。例えば、いまから20年ほど前にはコンピュータはありふれたものではありませんでした。1990年中盤に至って個人が普通に使えるコンピュータであるPC(パソコン)が現れ、更に携帯電話が普及して、日常会話もすっかりこれらの技術用語に染まってしまいました。いわく「今日の仕事のアウトプットは・・・」、「顧客とのインターフェイスの改善・・・」、「今月の売り上げデータは・・・」、「明日の出張のアクセス方法は・・・」、「就職活動のためのエントリー・・・」、「メールでアポをとる・・・」、「我社でもEコマースが拡大し続けている・・・」などなど。まさにコンピュータや技術用語無くしては毎日の会話が成り立たないほどです。

逆に言葉は我々の思想や価値観にも大きな影響を与えます。キリスト教の影響を受けている国々では自然それに関する語彙が多いでしょうし、日本語は当然の事ながら漢字や仏教を輸入した中国やアジアの影響を受けているはずです。同様に、戦後急速に(特にアメリカ経由で)導入された技術用語やコンピュータ用語が我々の文化や価値観にどのような影を落としているか、今の時点で一度考え直し、評価しておく必要があるような気がしています。

|

« 170 目的の無い技術 | トップページ | 172 言葉による価値観変化2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 171 言葉による価値観変化:

« 170 目的の無い技術 | トップページ | 172 言葉による価値観変化2 »