« 187 輻射型冷暖房2 | トップページ | 189 太陽光発電 »

2006年12月21日 (木)

188 暖房服?

何も部屋を暖めたり、壁を暖めたりするだけが暖房ではありません。先に説明したように、体表面から輻射熱が放出され過ぎることが寒さの原因ですから、それを高い効率で反射するものを身にまとえば、寒くは感じないはずです。実際、北極圏を飛ぶ旅客機に必ず備え付けてある「ポーラーシート」はこの目的で作られたものなのです。これは薄いプラスチックフィルムにアルミニウムを蒸着させたもので、北極圏など寒い場所に不時着した場合(もし旅客機が壊れずに乗客が生きていた場合の話ですが)、乗客は寒さをしのぐためにこのポーラーシートで身を包みながら、救助隊を待つことになります。

そこで考えたのですが、このシートを例えばゆったりしたセーターの全面に貼り付けておけば、冬場暖房の無い部屋でも十分快適に過ごせるはずです。手足は多少冷たく感ずるでしょうから、厚手ですっぽりと足が入る部屋履きと、手先をあっためるミトンが必要かも知れません。でも頭はいつでも冷たい状態なので、勉強するには逆にベストなコンディションになるはずです。実物を見たことはありませんが、宇宙服は寒さ対策として多分同様の考え方で作られていると思います。誰か試作してみて、それが具合よければ製品にしてください。そしてもし売り物になるようでしたら、アイデア料として投稿者にそのセーターを1着プレゼントしてください。

|

« 187 輻射型冷暖房2 | トップページ | 189 太陽光発電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 188 暖房服?:

« 187 輻射型冷暖房2 | トップページ | 189 太陽光発電 »