« 667 秩序と無秩序 | トップページ | 669 緑のサイクル »

2008年5月16日 (金)

668 ソーラークッカー

投稿者がデザインしたソーラークッカー(太陽熱調理器)の開発が進んでいます。開発と言っても、知り合いの紙屋さんに頼んで、片面にアルミコーティングされたボール紙が素材の、ごく安価なものです。素材の原価は多分数百円にもならないでしょう。この材料を加工して17面体にする簡易型と、二重円錐で構成する性能重視型と2種類開発しました。これは、商品にして売り出す積りのものではなく、子供たちの環境学習の教材とするために考え出しました。小中学校向けの出前講座も多くこなしていますが、座学だけではその場の「ふーん、温暖化の仕組みはそうなっていたのか」程度の理解で終わってしまうからです。

以前のコラムで「太陽生活」、つまりは生活の基盤を、より太陽光に依存する方向にシフトする生活を提案していますが、天気の良い日は親子で、太陽光で煮たジャガイモを食べて、太陽光の実力を実感してもらいたいものだと思います。勿論、10万円弱を投資すれば、多数のキラキラした反射板を備えた、スマートで性能の良いソーラークッカーが手に入りますが、如何にお金も資源も使わないで太陽光のパワーを手に入れるかが、環境おじさんの智恵の使いどころだと思うのです。

この夏休みも、出来る限り多くの場所で、ソーラークッカーの製作講習会を開く積りですし、性能向上型のものは、耐久性のある材料で作って、(スポンサーを見つけて)全ての小学校や中学校に配りたいものだと目論んでいます。知り合いの紙屋さんは、なかなかの商売人でもありますので、近い内にネット販売くらいはやってくれるかもしれません。ただ、売るための製品としては完成度が低いので、性能と外見をさらにブラッシュアップしなければならないとも思っています。

|

« 667 秩序と無秩序 | トップページ | 669 緑のサイクル »

コメント

ソーラークッカ-良いですね。
5個程注文します。
完成しましたら送って下さい。
 屋外でする場合、数と広さの制限が取れますので、同時に何台ものレンジが使えるという、調理の利点になります。

 これはいけると思います。

投稿: 深山仙人 | 2008年5月16日 (金) 09時06分

非常におもしろいですね。

投稿: | 2010年1月28日 (木) 02時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 668 ソーラークッカー:

« 667 秩序と無秩序 | トップページ | 669 緑のサイクル »