« 947 信心 | トップページ | 949 マタニティドライブ »

2009年2月21日 (土)

948 休題(ジョギング)

久しぶりに、いつものジョギングコースである木曽川沿いの道を走りました。その道のどん詰まりまでは、犬山の橋からはちょうど5kmくらいですので、往復でちょうど1時間ほどのジョギングコースになります。途中の小さな集落には、農業を営み、道の傍に農産物の直売所を構えている夫婦が居ます。株数はそれほど多くないなりに多種類の野菜を植えているようで、季節毎の味覚が並んでいます。野菜などの農作物ばかりではなく、栗やミカンや八朔などの果樹もそれなりに並んでいます。野菜を買っても投稿者の事務所では調理できないので、そこを通るたびに果物などを100円分か200円分買います。今の季節は八朔が並んでいます。小ぶりですが、100円出せば4個ももらえます。しかも元気な声での「何時もありがとね」のオマケつきです。

帰り道は、手に少し重いものを持っているので、走るスピードは落ちますが、その分道端の植物の季節変化や、川面に浮かぶカモたちを少しだけしっかり観察できます。彼らは何を餌にして冬を越したのか知りませんが、かなり動きが活発になってきたので、そろそろ北へ帰る準備をしているのかも知れません。その横では、鮎などの養殖魚を食い荒らす、悪名高い「カワウ」が、羽根を広げて太陽光を受けながら獲物を狙っているようです。

しかし気持ちよく走って、事務所に帰ってからが大変でした。1月末から軽い前兆はありましたが、例の症状が突然悪化したのです。花粉によるアレルギー性鼻炎です。その午後からちり紙の消費量もどっと増えました。殆ど水である液体を吸った紙は、結局はゴミになるので、環境には決してやさしくない困った病気です。例年、杉花粉に軽く反応し、ヒノキの花粉にひどく反応し、黄砂が更に拍車を掛けているような気がします。その三重苦が起こる3月は最悪です。そうなると待ち遠しいのは桜の季節という事になります。これからしばらくは、走らないと気持ちが悪いし、かといって走ると困った状態になる、憂鬱な季節ではあります。

|

« 947 信心 | トップページ | 949 マタニティドライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 948 休題(ジョギング):

« 947 信心 | トップページ | 949 マタニティドライブ »