« 1140 幸福度2 | トップページ | 1142 有効エネルギー(VAE) »

2010年5月12日 (水)

1141 省エネ再考

省エネルギーは、投稿者の趣味であり、同時に仕事にもなっています。このブログでも、省エネルギーに関する考え方や、具体例なども幾度となく取り上げていますが、ここでは最近の想いも含めて書き加えておきます。

「省エネルギー」という言葉も、「温暖化(防止)」という言葉と同様に、あまりにもマスコミに登場し過ぎて、「耳タコ」言葉(cliché)になり下がっているきらいがありますので、投稿者は最近敢えて「脱エネ」という言葉を使う様にしています。さて、その脱エネですが、ケチケチ作戦だけでは、所詮「チームマイナス6%」ではありませんが、その辺りの削減率で飽和してしまう筈です。そこで、脱エネの登場になるわけですが、そこでは「もし化石エネルギーは存在しなかったら」という仮定から出発します。電熱器の電力やエアコンプレッサーの空気使用量や設備のモーター動力を削減するのではなく、それらが無かった時代に先輩達はどうやってモノづくりを行い、社会生活を維持してきたのかを、じっくり歴史を紐解いて勉強したいものです。

石油・石炭や天然ガスや、それら化石エネルギーから作りだした電力の(行き過ぎた)便利さを享受しながら、大幅な省エネルギー(例えば現在の半分以下)など、とてもおぼつかない話です。不便を甘んじて受ける態度、というより積極的に不便を楽しむ余裕こそが不可欠な所以です。ところで、今日は忙しい1日になりそうなので、短く切り上げます。続きます。

|

« 1140 幸福度2 | トップページ | 1142 有効エネルギー(VAE) »

コメント

こんにちは昨年2,3回コメントした者です。
省(脱)エネということで、一昨日、自宅2階の2部屋を断熱工事したので書き込みします。
断熱材は「CF=セルロースファイバー」です。CFについてはネットで調べればすぐ解るので詳しくは書きません。
一般にはあまり知られてないようですが(自分も今年になって知りました)その筋の方は大体知っているようなので、環境坊主様やここの読者の方は聞いたことがあるかもしれません。
それにしてもこんな「ローテク」で、それでいてほぼ「完璧」なものがあるとは驚きでした。同級生の大工さんに聞いてみたら、やはり知っていて、性能に関しては一番優れているとのことで、欠点は施工費が高いのと、充填式なので後からの電気工事などがしにくいというようなことだけでした。
私の家は関東南部の海沿いで比較的気候の穏やかな所なので、このCFを上手に使えばそれこそ冷暖房に関しては「脱エネ」できそうな感じです。今回は2階の2部屋だけの使用なので「省エネ」止まりでしょうけど、これからの暑い季節にどれくらい効果がでるのか楽しみです。
ちなみに「音」に関してはすでに効果が実感できています。

投稿: 東のペーター | 2010年5月12日 (水) 14時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1141 省エネ再考:

« 1140 幸福度2 | トップページ | 1142 有効エネルギー(VAE) »