« 1463 人間力 | トップページ | 1465 変わらないもの »

2011年8月15日 (月)

1464 ブルーベリー

ブルーベリーには年間360日くらいお世話になっています。食べ方は、ほぼ100%トーストにブルーベリージャムを塗るという単純なものです。残りの5日は、買い置きのブルーベリージャムが切れた日か、或いはおせち料理が出て、トーストが出ない朝になります。なぜ、こんなにもブルーベリーが好きなのか考えてみたことがありますが、答えは見つかりません。一種の中毒なのかもしれませんが、アントシアニンが目には少しは良いらしいし、特に体に悪い中毒でもないので、気にはしていません。

勝手に想像を巡らせれば、たぶん遠いご先祖さまは、ブルーベリーの葉に住み、甘い実の汁を吸っていた昆虫か、小動物だったのかもしれません。進化の順番から言えば、間違いなく先ずブルーベリーの形態が定まり、それに依存する動物の形態が進化を進めたはずです。一方、植物としても、動物との共生関係のなかで、自分の種のニッチを少しでも広げるために、動物たちを利用して種をばらまくために、さらに実の甘さを加えたのかもしれません。年に一回くらいは、生のブルーベリーを口にする機会がありますが、確かに身震いするくらい感動します。痩せた土地を好むこの地味な植物には、密かなパワーが宿っている様な気がします。

|

« 1463 人間力 | トップページ | 1465 変わらないもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1464 ブルーベリー:

« 1463 人間力 | トップページ | 1465 変わらないもの »