« 1535 デフォルト | トップページ | 1537 環境コンダクター »

2011年11月 6日 (日)

1536 人生は暇つぶし?

実際にそれを実行している訳ではなく、それを言ったのが誰かも忘れましたが「人生は暇つぶしである」とのたまわっている人にかなり共感します。親が誕生を望んだにせよ、生まれてくる赤ん坊に、生まれる場所や時や親を選ぶ選択肢はありません。親が与えてくれる食べ物を食べ、義務教育を経て自我が芽生えてやっと「自己」を確立します。しかし、それまでの過程や時間は千差万別です。20歳前に自立し、自活している人も居るでしょうし、30歳になっても親のすねをかじっているモラトリアム人もさぞ多いことでしょう。

しかし、自分が生まれた必然性を信じ込み、一生の間に何事かを成し遂げようと使命感に燃える人はホンの一握りしかいないと想像しています。多くの人は成り行きで学校に行き、成り行きで就職し、成り行きでパートナーに巡り合って家庭を築くだけです。暇を持て余せば、人は悪さをしますので、全ての人が職業を持つのは、社会の安定にとっても良い事には違いありません、昔ながらの衣食住を提供するためだけの職業は非常に単純ですが、人が多く群れて暮らすようになると、経済活動が生まれ、サービス業なども自然発生的に現れます。

しかし、どこまで考えても、今自分がこうして、ここで息をしているのは、やはり成り行きに過ぎません。そうであれば、これからの生き方も、出来る限り環境に痕跡を残さない様に、成り行きに任せて残された時間(暇)を生きていくしかないのでしょう。別に年金生活に入り、暇を持て余す暮らしを送る事は考えていませんが、それにしても有益な暇つぶしの方法はないか考える毎日です。環境坊主としては、数人の弟子を育てるのも良い暇つぶしになるかもしれません。

|

« 1535 デフォルト | トップページ | 1537 環境コンダクター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1536 人生は暇つぶし?:

« 1535 デフォルト | トップページ | 1537 環境コンダクター »