« 2784 積極的平和主義 | トップページ | 2786 フットプリント又はLCA »

2015年8月25日 (火)

2785 還歴? 

還暦とは、60年を1サイクルとする暦の循環ですが、ここで言う還「歴」とは、歴史は繰り返す(還す)と言ったほどの意味で、このブログでの造語です。最近の風潮も少し時代を遡ると、どうしても既視感がぬぐい切れません。今ほどではないにしても、国会を取り囲むデモの光景をネットで見るたびに、60年や70年の「安保闘争」が想起されます。投稿者は、まだ小学生や中学生であったため、リアルタイムでその光景を目にした訳ではありませんが、少し前ですが「M木鳥郎」の安保闘争当時や少し前の世相を皮肉るラジオ番組の一部を聞いてドキリとさせられました。当時も、B国の占領終了直後で、B国の強い影響下(支配下?)にあったこの国の政府や、屈辱的な安保条約や軍隊でも警察でもない微妙な立場であった自衛隊などに対する根強い世論の反発があったのでした。

その当時と圧倒的に異なるのは、社会の豊かさでしょうか。取り敢えず、明日のメシや生活に大きな不安がない状態では、「闘争」にも力がこもらないのでしょう。ハングリー精神には、実は信じられない程のパワーを出すエネルギーが潜んでいるからです。いわゆる、スプリングバックと呼ばれる力です。バネを極限まで圧縮して放すと、スプリングは一気に伸びて弾けるのです。

60年が1サイクルかどうかは別にして、一般に時間が2-3世代分も経過すると、それ以前の失敗は、文章を通じて歴史として学ぶしかなく、同じ轍を踏む事も多いのです。従って、似たような経済システム上や外交上の間違いを繰り返すのでしょう。戦後レジュームから脱却するどころか、戦後の混乱をフィルムを巻戻してみている様な錯覚を感ずるのは、一人投稿者だけでしょうか。杞憂であることを祈ります。

|

« 2784 積極的平和主義 | トップページ | 2786 フットプリント又はLCA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/62150083

この記事へのトラックバック一覧です: 2785 還歴? :

« 2784 積極的平和主義 | トップページ | 2786 フットプリント又はLCA »