« 3092 大気循環の異常 | トップページ | 3094 元来た道 »

2016年8月18日 (木)

3093 想えば遠くに・・・

外国人観光客が月に200万人以上も押し寄せ、同時に外国人投資家が、国内の不動産を買い漁ると言った時代になりました。それで、業界によっては国内の景気が少し良くなり、GDPがやや改善したとして、それが一体何になるのでしょうか。カネのある者が、肩で風を切って闊歩し、そうではない普通の観光客が肩身の狭い思いをしてこの国の観光地を見放したとしたら、リピート客が減り、数年後には閑古鳥が鳴いているかも知れません。

不動産だって、投資家の目的は先ずは買い漁って価格を吊り上げ、続いて高く売り抜けて、大きな利益を上げる事にあるので、1980年代にあった不動産バブルの再現だとも言えるでしょう。私たちは一体何処に向かっているのでしょうか。世界の各地で紛争やテロが繰り返され、もはや安全だと断言できる場所は少なくなってしまいました。人々には、カネやモノだけを信じ、人は信じない風潮が蔓延してしまいました。将来が明るく見え、希望が持てた1970年代を振り返る時、私たちは随分遠くに来てしまった様な気がします。

私たちは、ソロソロ元来た道を戻って、家に帰る時に至ったのかも知れません。これ以上進んでも、目の前には暗い森だけがあって、日が暮れてきた今、危険な動物もウロウロしている様なのです。面白いものは無くなるかも知れませんが、家には平和があり、暖かい部屋や夕食が待っているのです。家から遊びに出てから手に入れた遊び道具(カネやモノ)を放り出し、家に帰る決心さえできれば、もっとココロ安らかに生きる事も出来ると思うのです。その想いは、最近ますます強くなるのです。

|

« 3092 大気循環の異常 | トップページ | 3094 元来た道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/64075596

この記事へのトラックバック一覧です: 3093 想えば遠くに・・・:

« 3092 大気循環の異常 | トップページ | 3094 元来た道 »