« 3158 エネルギー2 | トップページ | 3160 Winner takes all社会 »

2016年11月11日 (金)

3159 たった一人で世界が変る?

たった一人の経営者が政治家になったというだけで、世界が揺れ動いています。これは、たった1%の富裕層が、全世界の富の半分を保有しているという構図に似ています。つまり、少数の大国がスーパーパワー(軍事力や経済力)で世界を牛耳っている世界情勢と、紙幣という紙に印刷された「ペーパーマネー」、あるいは銀行のコンピュータにインプットされた桁数の多い数字という「デジットマネー」を、握っているか否かで人間の価値までも決められてしまうマネー社会とが、同じように見えてしまう点に強いアナロジィを見てしまうのです。

そのスーパーパワーの頂点に、滅茶苦茶な事を放言する人物が間もなく座ってしまうと言う事態に世界が頭を抱えて慌てふためいているのでしょう。彼の国の大統領選挙は、ある意味人気取りのための情報戦であるとも言えるでしょう。あの手この手で相手の足を引っ張って、その争いに負けた者が退場し、そうでなかった者が「総取り」してしまう、いわば大きなギャンブルの様なものだと言えるでしょう。今回のバトルでは、セクハラだかパワハラだかの小さな?足と、セキュリティの弱い私用メールを公務に使ったというやや太い足をお互いに引っ張り合うという展開でしたが、結局は片方が引っ張られ負けてしまったという構図なのでしょうか。

それにしても、B国のシステムが、どれほど一人のやりたい放題を許すのか、これからが見ものですが、しばらくは彼の一挙手一投足を世界が固唾を飲んで見守る期間が続くのでしょう。それにしても、経済活動の原動力をモノではなくマネーだけに、国のパワーをたった一人のリーダーにこれほど集中させてしまったこの世界は、今後一体どの様になってしまうのでしょうか。富の再配分というか「格差縮小」と、政治的パワーの分散化は、待った無しの、それこそ喫緊の課題となった感があります。そのためにはどうすれば良いのか、引き続き考えて行く事にしましょう。個人があれこれ考えてもどうにかなる訳でもないのですが・・・。いずれにせよ、今度のリーダーが、どの様に既得権益に飲み込まれていくか、静観する事にしましょう。

|

« 3158 エネルギー2 | トップページ | 3160 Winner takes all社会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/64473067

この記事へのトラックバック一覧です: 3159 たった一人で世界が変る?:

« 3158 エネルギー2 | トップページ | 3160 Winner takes all社会 »