« 3166 環境温度(熱) | トップページ | 3168 断エネ »

2016年11月21日 (月)

3167 環境温度(熱)2

環境温度が重要なのは、単に暑さ寒さの感じ方に関わるという理由だけではありません。何度も書いている様に、熱(振動)は、激しい(温度が高い)部分から、緩やかな(温度が低い)部分に流れ(伝わり)ますから、温度差が非常に重要なファクターになる訳です。難しい方程式は好きではないので、すっ飛ばしますが、伝熱は温度差に比例するので、例えば室内と外部の温度差が大きい程、冬は建物内部から(夏は建物内部へ)の熱の流れが大きくなるのです。つまり、暖房冷房に要するエネルギーが大きくなる訳です。極端なケース、例えば家の内部と外部の温度差が無い(小さい)場合、つまりは春秋には、冷暖房負荷は非常に小さくなるのです。全く当たり前の話です。

さて熱の流れ(熱流)を小さくするには、何は無くとも、室内外の温度差を小さくすることに尽きますが、かといって真冬に室内温度を10℃以下にする訳にもいきません。仕方がないので、壁や窓など建物の熱の出入りの係数(熱貫流率)を可能な限り小さくする、つまりは断熱性能を高める事になるのです。とは言いながら、例えば魔法瓶に様に、内部を鏡の様にピカピカにし、壁の間に真空層を挟んんで、かつ建物の気密を最大限高める、というのは現実的ではないでしょう。

結局、建物の断熱を費用対コストが最大となる様に施工し、同時に地熱や太陽熱や地下水などの環境熱を最大限に取り込んで、冷暖房エネルギーを最小限に留める、という現実的なアプローチをするしか無さそうなのです。取り分け、投稿者が日本の住宅の弱点だと思うのは、基礎と床下構造なのです。新しい住宅では、もはや床下に通風口を設ける従来工法は殆ど無くなり、べた基礎が殆どですが、それでも基礎の底面のスラブや立ち上がり部は、地面から水分を吸い上げて、床下の環境温度を随分下げているのは間違いないでしょう。

|

« 3166 環境温度(熱) | トップページ | 3168 断エネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/64525619

この記事へのトラックバック一覧です: 3167 環境温度(熱)2:

« 3166 環境温度(熱) | トップページ | 3168 断エネ »