« 3194 総論賛成、各論・・・ | トップページ | 3196 Tランプる »

2017年1月 1日 (日)

3195 ○○協力隊?

年末はバタバタしていて、年末にアップする予定だったこの稿が、初投稿になってしまいました。このブログは、悪口はご法度にしているので、以下もあくまで提言です。

さて〇〇協力隊なるものが各地で組織されてはいる様ですが、なかなか目に見える成果が上がっていないのが実情の様です。しかし、協力隊員の任期は多分2年程度でしょうから、成果の有無にかかわらず、また不本意ながらその地域を離れる事も多いのでしょう。そもそも、隊の名前が余り腹に入りません。誰かが地域起こしをするのに「協力」する、あるいは「お手伝い」をする、と言うスタンスが見え隠れしているとも思えるからです。

本当に地域興しをしたいのであれば、「地域興し実行隊」とか、もっと過激に「地域興し決死隊」程度のネーミングにして貰いたいものです。もちろん、名前だけで中身が変る訳でもないのですが、あくまでもう数歩前に進んだ取組みとするため、先ずは名前から入ろう、とススメているだけです。そして、隊員には給料だけではなく、実際にビジネスを興すための場所の確保と、ささやかでも予算(元手)を渡すべきでしょう。新しく興すビジネスは、最初から大きな売り上げや多数の雇用を生み出す必要は全く無いでしょう。

そうではなくて、地域ビジネスはむしろ手間暇の掛かる、昔ながらの「生業(なりわい)」に近いものでなくてはならないと思うのです。例えば、田舎の農家の庭先を見ると枝先にビッシリと成り下がっているカキ木が数本目につく筈です。カキの実を見て、さてそれをお金に変えるためには、どうしなければならないと考えれば、それを摘んで渋を抜くために焼酎を使ったり、皮を剥いて干し柿などにする必要があるでしょう。あるいは、カキの糖分を利用してアルコールを作るのも良いでしょう。必要なのは、ヨソ者の目と、若者(もちろん年寄りでもOKですが)のやる気・体力と、意外性のあるアイデアでしょう。○○決死隊の隊員が、先ず生計を立てる事が出来れば、一つの生業モデルが出来る訳で、それをコピーするか少しアレンジすれば、別のモデルも作れるかも知れません。

|

« 3194 総論賛成、各論・・・ | トップページ | 3196 Tランプる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/64704471

この記事へのトラックバック一覧です: 3195 ○○協力隊?:

« 3194 総論賛成、各論・・・ | トップページ | 3196 Tランプる »