« 3207 是々非々 | トップページ | 3209 コスト削減? »

2017年1月17日 (火)

3208 SNSサイダー

脅しを別の言葉で言えば、恫喝やカマシやもっと悪い言葉で言えば、カツアゲとでもなるのでしょうか。それほど極端でなくても、買い手である立場を利用し、モノを買う時に始め信じられない様な安値を提示し、「値引きが嫌なら買わない」と売り手に値引き圧力を掛ける、「値切り」なども軽い恫喝に入るのでしょうか。B国の今度のリーダーは、どうやらこ手法の名手の様なのです。もちろん、多くの不動産を手に入れた手法をこれを駆使した事でしょうし、自身の自家用ジェット機も、メーカーの売値(定価)の1/3以下で調達したとかも伝え聞くからです。

たった140文字の中でコメントを出せば、翌日には名指しされた国や個別のメーカーが、慌てて対応やコメントを出さざるを得ない事態は、たぶんSNS時代の新たな恫喝と言っても良いのでしょう。しかし、これはSNSのルールからは、明らかに外れていると指摘するしかないでしょう。もしこれが許されるのであれば、影響力のある人物のツブヤキを使えば、為替相場だって株価だって、紛争の状況だって変える事が出来るからです。ツブヤク本人が、ビジネスの一線から退いたとしても、予め親族に同じ内容のツブヤキを流していれば、親族はそれを利用して「ボロ儲け」する事も可能になるからです。これは、新しい形のインサイダー取引に相当し、SNSルール上は禁止されている行為です。これらを、マスコミが指摘した途端に「フェイクニュース」と切り捨てるとしたなら、それはまさに独裁と呼ばれても仕方がないでしょう。

ここでは、取り敢えず「SNSサイダー(取引)」などと言う新語を提示しておきましょうか。スーパーパワーや著名人である事を利用して、弱い立場の人間に圧力を掛け、ひいては自分の側に利益を誘導する「手法」を指します。伝えられる「フェイクニューズ」によれば、選挙でも情報戦を駆使したのだとか。まさにSNS時代が生んだ新リーダーなのかも知れません。さてそれに相対する側ですが、何は無くとも私たちは「それ(恫喝)」に振り回されてはならないでしょう。それは、繁華街の店がYKZ(ヤーさん)のカツアゲには乗らない、と言う態度とも共通するでしょうか。恫喝は無視には勝てない筈だからです。

|

« 3207 是々非々 | トップページ | 3209 コスト削減? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/64773686

この記事へのトラックバック一覧です: 3208 SNSサイダー:

« 3207 是々非々 | トップページ | 3209 コスト削減? »