« 3223 工夫力2  | トップページ | 3225 工夫力3 »

2017年2月 5日 (日)

3224 本当の豊かさ

最近のギスギスした世相を眺めていると、本当の豊かさって一体何だろうとしみじみ考えさせられます。この国のリーダー達が騒ぎ立てている様に、経済成長ではない事は全く自明です。そうでなければ、喰うには困らない社会で自ら命を絶つ人が一向に減らない事や、イジメや金品を目的としない凶悪犯罪の増加が説明できないでしょう。もちろん、もし1円でも有利な貿易条約が成締結出来てし、経済成長(=2%だかの物価上昇率)が実現出来たとしても、貧困層が減らない「貧しい国化」が加速するだけでしょう。

最近、竟の住み処を建て、その家になけなしのお金をはたいてペレットボイラを導入しましたが、燃料はと言えば、地元で生産される木工端材から作られるペレットで、車で2-3分走った場所にある店舗で購入できるという恵まれた環境です。そのペレットで沸かした湯を張った風呂に肩までつかる時、「うーん。誰が何と言おうとこれが豊かさだーっ。」と独り言を漏らします。もちろん、ボイラを動かすにも、100w弱の電力は必要です。しかし、近い将来の計画として、ボイラ小屋の屋根を使って小規模な太陽光発電も始めるつもりです。それをバッテリーに蓄えて、インバータを用いてボイラを動かせば、石油やガスに頼らない、本物のエネルギーの「オフグリッド」が完成するでしょう。もちろん、その時にはペレットも「手押し車」を押して買いに行かねばなりませんね。散歩を兼ねながら、往復30分歩けば十分でしょう。

その様な生活は、その昔秋になると家族総出でリヤカーを引きながら、近くの入会林に薪を集めに出かけ、冬に備えての薪割が男手の仕事であった「あの時代」に少しだけ近づく事にもなります。面倒な事や汗を流す手間のかかる仕事をこなした結果、報酬として得られるささやかなプレゼントこそ、本当の豊かさ、幸福感の源泉というものでしょう。

|

« 3223 工夫力2  | トップページ | 3225 工夫力3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/64852960

この記事へのトラックバック一覧です: 3224 本当の豊かさ:

« 3223 工夫力2  | トップページ | 3225 工夫力3 »