« 3283 これ以上何を | トップページ | 3285 地球と自分の間 »

2017年5月 8日 (月)

3284 小さな達成感

ある時期に気が付いたことがあります。それは、人間が生きていく最大の原動力は、実は達成感なのではないか、という事なのです。もちろん、幸福な人達は、いわゆるビッグプロジェクトに関わって、それが実を結ぶ様を眺め、大きな達成感を感ずることができるでしょう。しかし、投稿者の様な平々凡々な人間にも、小さな達成感は手にすることが出来る様に思うのです。小さな達成感とは、日々の小さな仕事が一区切りついた瞬間にも感ずる事が可能でしょうし、この人気のないブログを一稿書き上げる時にも少しは感じ得ていると思っています。そうでなければ、足掛け10年にも亘って、読んで突っ込みを入れてくれる人とて少ないこんな文章を、書き続けることなど出来ないはずなのです。

もちろん、誰かがこのブログを読んでくれたとして、何かが伝わって、その人にとって何かのヒントになってくれれば、それに越したことはありませんが、少なくとも、自分が生きた証として、自分を知る少数の人達や自分の子供達だけでも読んでくれれば、それで十分だと思って書いているのです。凡人の頭で考え、それを文章にしたところで、100題書いても、我ながら良いことを書いたと思えるのは、12題しかありません。しかし、振り返ってみればこのブログも既に3000題以上書き続けてもいるのですから、少しは他の人に参考になりそうなものも、控えめに数十個程度は含まれていたかも知れない、と言って置きましょう。

その一方、小さな達成感は、決して自己満足で終わってはならないとも思っています。人が生きる意味は、誰かに良い影響を与えるか、あるいは少なくとも他の誰かの役に立って、感謝されることが含まれなければならないでしょう。さて、これまでの人生で何か人の役に立てただろうかと考えてみると、いくつかの心当たりはありますが、もちろん中身としては不十分と言うしかありません。従って、今ボンヤリ考えているのは、残りの人生でどれほどの事が出来るかの「見積」とそれを実行に移す計画を立てることなのです。計画倒れにならない様にするためには、それが具体的で、かつ実行可能でなければならないでしょうし、大それたものではなく、小粒でしかも短い期間で達成できるものである必要があるでしょう。小粒の計画を、自分の残されている時間の限り、いくつか積み重ねていくのが、達成感を得るため凡人にできる最良のアプローチだと思うのです。

|

« 3283 これ以上何を | トップページ | 3285 地球と自分の間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/65251457

この記事へのトラックバック一覧です: 3284 小さな達成感:

« 3283 これ以上何を | トップページ | 3285 地球と自分の間 »