« 3310 温暖化論議 | トップページ | 3312 脱フロン=省エネ »

2017年6月 8日 (木)

3311 品質管理?

久しぶりに、品質管理に関して良い話が聞けたので、忘れない内に書き留めます。結論は、非常にシンプルで品質管理とは「良い設計情報を素材に転写した際の精度」であるという一言で表現されるのだそう。もちろん、悪い設計情報で作られた製品の品質が良かろうはずもありませんから、先ずは「良い設計」が為される事が大前提ではあります。その上で、設計図通りにモノが作られておれば、取り敢えずは「製造の品質管理」はOKと言うことになるのでしょう。

では、良い設計とは何かを考えれば、実は頭が痛くなりそうです。つまり、消費者(市場)が何を求めているかを把握し、それを満足するクオリティと価格を実現するための、素材の吟味と形状・機能の設計を行い、加えて消費者(ユーザー)が気に入る外観デザインを採用し、しかも市場が期待する耐久性を実現する、と言ったとても一言では表現できない諸条件をクリアする必要があるからです。

つまり、これまではと言うか伝統的な品質管理は、専ら製造現場における品質管理を問題にしていましたが、今後は「設計の品質管理」まで、枠を広げて考えなければならない、と彼の講師は主張するのです。しかし、考えてみればそれでもまだ足りない様な気もしてきました。では、経営の品質は放っておいても良いのか、従業員の品質?は、あるいはマーケティングの品質は、あるいはアフターサービスの品質は、などとさらに枠を広げればキリは無い様でもあります。その意味で、品質管理と言えば狭い意味になりますが、品質保証と言えば枠がかなり広がり、品質マネジメントとすれば、企業活動全体に及ぶ概念になる筈なのです。そこまで、突き詰めて考えている企業がどれほどあるのかを想像してみれば、この国の企業もまだまだやるべき事は多いと言えるでしょう。その前に、この国の(政府)のクオリティや国民(文化)のクオリティについても、腰を据えて考えてみなければならないとも思います。それについては、稿を改めて考えてみます。

|

« 3310 温暖化論議 | トップページ | 3312 脱フロン=省エネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/65384540

この記事へのトラックバック一覧です: 3311 品質管理?:

« 3310 温暖化論議 | トップページ | 3312 脱フロン=省エネ »