« 3325 異常高温 | トップページ | 3327 ローテク三昧2 »

2017年7月23日 (日)

3326 ローテク三昧

随分久しぶりの投稿の様な気がします。引き受けてしまった3つの仕事に対して、頭を切り替えながら、日本狭しと走り回っていたので、なかなかブログを書く時間が無かったのでした。と言うより、心の余裕が無かったというのが正しいでしょうか。

さてその内の一つはバイオガスエンジンでの発電で、別の一つは昔取った杵柄の一つ、機械加工(切削)分野ですが、どちらも「ローテク」の代表と言っても良さそうな分野です。なにしろ、バイオガスエンジンの元となるのは、いわゆるディーゼルエンジンですから、振り返ってみればディーゼルさんによって発明されてから既に100数十年経過している技術なのです。一方、切削については、木材をロクロで削っていた時代もあったでしょうから、事実上人間が道具を使い、金属を利用し出した時代に遡るのかも知れません。

しかし、いくらIoTの時代になろうが、機械に賢いAIを搭載しようが、結局機械を動かし、モノを削るのは「ローテク」であることにはいささかの変化もない筈なのです。モノや刃物をモーターの力でぶん回し、硬い金属でできた刃物で材料を削ったり、穴を明けたりするしかないのです。航空機の材料だって、巨大な糸巻につなぎ目の無いカーボン繊維を巻き付けて胴体でも作らない限り、やはり部材を重ねて穴を穿ち、リベットでカシメる以外に胴体を作る良い方法は発明されてはいないからです。材料研究者は、今より更に軽く、剛性の高い繊維や材料を考え出してしまうでしょうから、それを加工する側も、更に硬い材料で刃物をこさえていくしかない訳で、そのイタチゴッコは当分続く事でしょう。

しかし、関わっていて思う事は、ディーゼルエンジンにだって、刃物にだって、改善する余地が山ほどに残っているという事実なのです。ドリルの様に、研究し尽くされたと思える分野にさえ、まだまだ改善の余地がある事に、今更ながら気づかされているのです。ローテクも、まだまだ奥が深いと感ずる今日この頃ですし、死ぬまでローテク三昧に浸ろうとも考えている今日この頃です。

|

« 3325 異常高温 | トップページ | 3327 ローテク三昧2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/65570298

この記事へのトラックバック一覧です: 3326 ローテク三昧:

« 3325 異常高温 | トップページ | 3327 ローテク三昧2 »