« 3329 閑話休題(本) | トップページ | 3331 下山の勇気 »

2017年8月16日 (水)

3330 適正規模

投稿間隔が随分空いてしまいました。仕事が急に忙しくなり、出張のついでに山に登ったり、夏季休暇で家人の帰省などが重なって、なかなかパソコンの前に座る時間が取れなかった事を言い訳にしていますが、体は忙しいものの、実は頭が夏季休暇になっていたのでした。さて、最近は再エネとの関わりが密になってきましたが、その際頭に置いているのは、その適正規模というファクターです。例えば、数万キロワット規模のバイオマス発電所というものが存在しますが、そもそもその燃料であるバイオマスをどうやって集めるのかを考えると、割り切れないものを感じます。つまり、臨海に所在するであろうその発電所に、大量のバイオマスを集めるためには、多くの化石エネルギーを必要とするからです。国内の間伐材や製材屑を活用するにしても、量が足りないので、海外から木材チップやヤシ殻などの燃料を、船を使って輸入せざるを得ないでしょう。バイオマスは、嵩張る割には嵩比重が小さいので、船を使って空気を運ぶようなものなのです。

バイオマスを含む再エネは、やはりその地域で入手可能なエネルギー源を使って、その地域で消費出来る規模というものを頭に置く必要があるでしょう。再エネの活用が、その運搬のために使われる化石エネルギーが入手できる限り、というのであれば何をかいわんやでしょう。収集や運搬が低コストで済むのは、化石エネルギーの価格があまり高くならない事が前提である事は銘記すべきでしょう。

さて、その上で、再エネの活用は、エネルギー源の分布状況の把握抜きにしては、成り立たないと思うのです。例えば、農林業地域を見回せば、バイオマス資源としては製材屑やモミ殻、河原のカヤなど、それなりに見出す事が可能です。しかし、それは太陽エネルギーが薄く広く分布しているのと同じ程度に薄いのです。しかし、製材ためには山から木を伐り出して里まで運ぶ必要があるので、そこには木屑が「集まってしまう」ので、それをうまく利用すると言う考え方になるでしょう。集めるのではなく、集まるのです。それはモミ殻などでも同じ事情になります。家畜し尿のエネルギーとして利用に注目していますが、バイオマス発電を考えるのであれば、家畜の頭数によってその発電規模を設計すべきなのです。決して、FITや助成金ありきの、欲張った規模を指向すべきではありません。

|

« 3329 閑話休題(本) | トップページ | 3331 下山の勇気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/65670200

この記事へのトラックバック一覧です: 3330 適正規模:

« 3329 閑話休題(本) | トップページ | 3331 下山の勇気 »