« 3333 モノ造り屋でいいのか | トップページ | 3335 田舎の暮らし »

2017年8月30日 (水)

3334 モノ造り屋でいいのか2

モノ造りに徹していれば、コスト削減圧力への対応は確かに大変ではありますが、精神的には楽だとも言えるでしょう。工場の中(内向き)の事だけ考えていれば済むからです。新製品を開発したり、作った製品を市場に押し込むのは「元請」がやってくれるでしょう。その意味で、昔は製品を作った人(例えば職人)が、自らそれを商っていた事を思い起こせば、現代社会では「究極の分業」が行きつくところまで行ってしまった社会だとも言えるかも知れません。

銀行は資金調達部分だけ請け負って、出来るだけ多くの利息を受け取る事に注力し、メーカーはモノ造りに専念し、流通業や商社はそれを売り捌いて上前をはねるのです。市場は、メーカーにとっては何やら大きな「雲(Cloud)」の様にボンヤリとしかし活発に蠢く存在になり、結果としてメーカーと消費者が直接的に接触する機会は殆ど消滅したと言って良いでしょう。なにしろ、製品の修理でさえ、消費者はコールセンターに連絡を入れ、そこからの指示で宅急便で送り返して行われる時代なのですから、メーカーが直接ユーザーと「対面で接触する」事など殆どあり得ない事態となったのです。

こうなると、最早メーカーがユーザーの「生の声」を直接聞く機会は失われ、新たな製品の企画でさえ、たぶんリサーチ会社が行ったリサーチ結果で決められたりするのでしょう。つまりは、モノ造り屋は、市場から切り離された状態で、モノ造りに徹する事だけを強いられる社会になってしまった様なのです。一体これは何時から始まった事態なのでしょう。ツラツラ想い起すに、やはりこれはネット社会の為せるワザだと考えるしか無さそうなのです。昭和から平成への移り変わりは、いわばアナログ時代からデジタル時代=ネット時代への移行期でもありました。その流れの中で、モノ造りもコンピュータの中で、かなりの程度完結する事が可能となってしまいました。現代社会では、かなりの製品が、ネットの中で設計出来、ネットからの注文で現物となって届く時代なのです。ネットの向こう側では、モノ造り屋がせっせとモノ造りに集中しているのでしょうが、それは注文する側や、ましてやユーザーからは見えない世界になっているのです。この国も、そろそろモノ造り屋から脱却して、コト造りや価値の創造と提供といった方向に舵を切るべき時期でしょう。やや時期を失しかけている可能性はありますが、遅くともやらないよりはずっとマシですから・・・。

|

« 3333 モノ造り屋でいいのか | トップページ | 3335 田舎の暮らし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/65728622

この記事へのトラックバック一覧です: 3334 モノ造り屋でいいのか2:

« 3333 モノ造り屋でいいのか | トップページ | 3335 田舎の暮らし »