« 3369 セミオフグリッド | トップページ | 3371 原発のリサイクル »

2017年11月28日 (火)

3370 セミオフグリッド2

世の中は、エネルギーと言えば殆ど電力事情や石油を意味すると見做しがちですが、エネルギーの使用目的別で考えれば、空調にせよ、給湯にせよ、調理にせよかなりの部分は、エネルギーの熱利用の形態である訳です。取り分け、空調や給湯は概ね50-60℃以下の低い温度の利用になる点は注目すべきでしょう。低い温度の熱(冷熱)を得るために、電力やガスや石油を使う「ムダ」に想いを馳せるべきなのです。たとえるなら、まるで「斧で楊枝を削る」様な行為とも言えるでしょう。

我が家の屋根には4㎡ほどの太陽熱温水パネルを上げていますが、夏場であれば一回の入浴では使い切れない程のお湯が貯湯できます。雨の日や冬場は、木質燃料ボイラで追い焚きはしますが、使う木質燃料は、例えば1日当たり数キログラム程度のささやかな量で済みます。すぐ近所の家でも、石油ボイラやLPG給湯器で暖房や給湯している家や、オール電化の給湯器を使っている家などが見られますが、いずれもエネルギー源を供給しているインフラと繋がっています。その意味で言えば、我が家は熱エネルギーに関しては、オフグリッドをほぼ達成している事になります。ほぼと言うのは、調理器具としてはガスレンジが好きだと言う連れ合いの要望と入れて、LPGガスも購入しているのと、寒がりでもある彼女が床下温風暖房だけでは満足できず時々エアコン暖房のスイッチを入れるので、「ほぼ」という事になるのです。

さて、住宅には屋根の他に「壁面」というエネルギーがある事を紹介しておきましょう。南面の壁に、薄い箱に黒色フラット(ツヤ無し)に塗装し、小さな穴を明けた波板を取り付けておくと、晴れた日には80℃に近い温風を得る事ができます、既に「ソーラーパネル」という商品名でも販売されていますが、十分にDIYで自作できるシロモノです。晴れた日に、この箱で出来た温風を室内に導けば、極寒の北海道でも日中であればそれなりの暖房効果が得られるでしょう。セミオフグリッドの基本的なエネルギー源は、基本的には太陽光(熱)だと言う点は、しっかり押さえておく必要がありそうです。その意味では、例えば木質バイオマスでさえ、数年、あるいは数十年前に「樹木によって固定された太陽光エネルギー」である訳です。

|

« 3369 セミオフグリッド | トップページ | 3371 原発のリサイクル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/66095986

この記事へのトラックバック一覧です: 3370 セミオフグリッド2:

« 3369 セミオフグリッド | トップページ | 3371 原発のリサイクル »