« 3405 設計ミスか製造ミスか | トップページ | 3407 仮想現実の怖さ(○○したつもり) »

2018年2月26日 (月)

3406 デジタルデクテータ

最近IT化の加速が気になって仕方がありません。そうした中、「デジタルデクテータ」或いは「デジタル経済」という言葉を耳にしました。デクテータとは、言わずもがなの独裁者ですが、デジタル業界で成功してしまったB国のM社や、F社や、G社や、二つのA社や、あるいはC国の2社など何社かの「デジタル巨人」が、お金で決済されていた実体経済を超えて、デジタル経済を寡占し始めているとの危機感を表した言葉でもあります。デジタル化の背景には「情報」の寡占も存在する筈です。その情報が、完全に誰でもアクセスできるならば民主化されたデジタル社会も実現できるのでしょうが、例えばC国やRシアの様に、或いはたぶんB国でも何らかの形で、情報の囲い込みや監視、更には情報操作が、国の権力の元に行われているに違いありません。

もし、それが国々のエゴや、時のリーダーが悪意によって操作されたら、デジタル経済何ぞというシロモノの操作や世論といった揺れやすいものも簡単に歪められるでしょう。つまり、勝手に数字(デジット)を弄るか、或いは勝手なフェイクデジットを差し込む事によって、情報などと言うものは簡単に操作可能だと思うのです。間違いないと信じて疑わない「写真」や「映像」でさえ、それはフィルムに焼き付けられた物的証拠ではなく、メモリーの中のデジット情報である訳です。デジタル映像である限り、その加工は今や素人でも出来てしまうのです。デジタル空間に溢れる、超美形の写真はどの程度実体を写したものなのでしょうか。

私たちは、デジタルデータに依存し、それに100%寄りかかった社会を作ってはならないと、投稿者は思ってしまいます。デジタルとアナログと実体を程よくミックスしながら、しかもシステムの中に人間が介入できる余地を残しながらの仕組みを模索すべきでしょう。今や、国も企業もIT化やデジタルデクテータの波にすっかり飲み込まれてしまっている様な気がするのは杞憂でしょうか。デジタル経済=実体経済「ではない」と何時誰が声を上げてくれるのでしょうか。と言いながら、今日もデジタル社会の掲示板に投稿するのでした。但し自戒を込めながら・・・。

|

« 3405 設計ミスか製造ミスか | トップページ | 3407 仮想現実の怖さ(○○したつもり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3406 デジタルデクテータ:

« 3405 設計ミスか製造ミスか | トップページ | 3407 仮想現実の怖さ(○○したつもり) »