« 3495 脳と心2 | トップページ | 3497 7世代後の幸福2 »

2018年8月31日 (金)

3496 7世代後の幸福

同じ様な表題で以前にも書いた様な気もしますが、なにしろ10年以上も続けて投稿していますので、繰り返しになるかも知れませんが、近年の自己チュー人間に警鐘を鳴らす意味で、書いておきます。これは多分、何かの本に書かれていたアメリカ原住民(Native Ameriacan)の話だった様に記憶しています。それによると、彼らが部族として何か重要な決め事が必要になった際には、部族の長が決める訳ではなく、かといって多数決に頼るのでも無いそうなのです。

彼らの決め方は、その決議が「果たして7世代後の子孫の幸福につながるか?」という問に、Yesでなければならないというものだと言うのです。それは、自分達世代の幸福を横に置いといて、子孫の、それもまだ見ぬずっと先の子孫の幸福を優先させるというのが彼ら部族の方針だという事なのです。これは、自己チュー世代が蔓延している現代社会に警鐘を鳴らす行動だと言えるでしょう。現代社会は、自己チュー社会と言うよりはむしろカネチュー社会だとも言えるかも知れません。現代は、経済(お金)中心で社会が回っていると感ずる場面も、実際にも報道などでも多く見聞きするところです。政治屋はと言えば、出来るだけ長く椅子に座り続け、憲法を改正して「歴史に名を残そう」などという「さもしい」自己チュー目標を掲げ、その他の重要課題(例えば、原発の廃炉問題や国の赤字体質や拉致問題や新産業興しなど)を塩漬けのままに先送りしてしまうのです。おっと、このブログではご法度の批判になりつつあります。

そうではなくて、私たちは借金や問題を子孫に先送りしてはならないのです。我々世代で起こした問題は、我々世代が生きている内に解決する努力をしなければ、後の世代から激しい「無責任の誹り」を受けてしまうでしょう。赤字が拡大している家計で、景気を良くするためとはいえ、更に出費を増やす事はしないでしょう。赤字の解消は、先ずは財布の紐を締める事から始めるしかないのです。政治屋の数を減らし、官公庁が率先して支出を減らす努力を見せれば、国民も少し重い税負担にも耐える姿勢を見せる筈なのです。税金を取り易いところから徴収し、一方では財布の紐の緩め続けて、財政赤字を垂れ流す現世代の行動が、7世代後の子孫を幸福にするなどとは、絶対に想像できないでしょう。

|

« 3495 脳と心2 | トップページ | 3497 7世代後の幸福2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185422/67114803

この記事へのトラックバック一覧です: 3496 7世代後の幸福:

« 3495 脳と心2 | トップページ | 3497 7世代後の幸福2 »