« 3539 SDGs17:パートナーシップで目標を達成しよう | トップページ | 3541 お祭り行政 »

2018年12月29日 (土)

3540 SDGs18:結論として

長い出張から戻って、投稿再開です。さて、ここまで、SDGsを考えてきて、これら17のターゲットとは、結局はターゲットでも目標でも何でもなく、人類のあり方を問う「見果てぬ夢」ではないかと思えてならないのです。人類は、繁栄と衰退(滅亡)の歴史を繰り返してきました。かつて、社会科の歴史で習った大河のほとりで栄えた四大文明も、南米のインカ帝国も、国内の〇〇文化と呼ばれる多くの権力も、結果としては全て衰亡したのでした。直接的な原因としては、長期の繁栄を支える、人・モノ・カネと農地を含む資源の枯渇が挙げられるでしょう。

しかし、実際はそれらの裏で文明の再生を促す陰の力が働いていたのかも知れません。陰の力の具体的なイメージとしては、例えば文明・文化に対する「飽き」、「倦怠感」の様なものになるのかも知れません。あるいは、文明・文化を享受できる「持てる者」とそれを不満を持って眺めている「持たざる者」との電位差?の様なものが蓄積され続け、最終的にそれがスパークして、革命なり下剋上が湧きあがるというイメージになるのでしょうか。そういう意味では、一つの文明は、やがて崩壊し、置き換わるべく運命づけられているのかも知れません。

さて、現代の文明です。19世紀の科学技術が成熟し、それを活用した産業革命、更にそれを下から支えた化石燃料と鉄(金属資源)が今の文明を形作っている、この現代文明です。その崩壊の影がちらついている様なのです。少なくとも、崩壊の入口に歩を進めているのは間違いないでしょう。今回の文明崩壊は、しかしかつての古代文明の崩壊とは明らかに異なります。古代文明の崩壊は、例えば周辺の利用できる森林の皆伐や、使い過ぎて枯れた水源など、ローカルな問題で起こった筈ですが、現代文明の崩壊は、資源の乱用お結果、悪化した「地球環境」が引き金になると予想されるからです。しかも、その崩壊は一気に進むのではなく、真綿で首が締まる様に「ジワジワ」と進行すると考えられるのです。気密性の高い部屋に閉じ込められた人が、部屋の酸素を使いながら呼吸し、やがて自分の呼気に含まれるCO2によって部屋の空気が汚れ、やがて低下した酸素濃度によって自分が苦しめられる状況に似ているでしょう。その部屋で、より長く生き残るためには、ベッドに横になって出来るだけ安静にする事によって、代謝レベルを最低限に保つしかないのです。

SDGの本質とは、結局は自分(現世代)の欲望を徹底的に抑制しつつ、それを持たざる人々や次世代の人達に残そうとする努力にあると思うのです。そのためのキーワードとしては、単に「勿体ない」と言うだけではなく、更に進めて「徹底的に始末(節約)する」まで行かなければならないと思うのです。SDGsも詰まる所、この国の伝統的な価値観に行きつく様です。

|

« 3539 SDGs17:パートナーシップで目標を達成しよう | トップページ | 3541 お祭り行政 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3540 SDGs18:結論として:

« 3539 SDGs17:パートナーシップで目標を達成しよう | トップページ | 3541 お祭り行政 »