« 3580  技術よりビジネス | トップページ | 3582  シーズよりニーズ »

2019年4月25日 (木)

3581  技術よりデザイン?

3580の続きです。それでもなお、この国のメーカーの中には(モノを大量に安く作る)技術さえ磨けば、何とか生き残っていけると考える経営者が多いと想像しています。さて、3580では、市場やそこからのニーズが最重要であると書きましたが、それだけでは十分ではない事もまた事実です。そこに加えるべき要素としては「デザイン」ではないかと思っているのです。例えば、家電で言われるところの技術とは機能を形として具現化したもので、例えばパソコンでの処理スピードであるとかメモリー容量であったりする訳です。また車で言えば、原動機の馬力であるとか乗車定員の数とかいった性能になるでしょう。
しかし、良く考えてみると、私たちはその様な性能や諸元だけで購入を決めているのでない事は自明でしょう。最後の決め手は、たぶんモノの形(デザイン)だと思うのです。モノの形には、それを使う人達の好き嫌いがはっきりと反映している事でしょう。スポーツカーのテイストの車が欲しい人に、ファミリーカーのデザインはアピールしない事は明白です。逆に、子供が居る家族には、二人乗りの車は全く選択肢に入らない筈です。
この国のメーカーが、デザインを軽視している事は、例えば欧州製の車や家具や家電を見る度に感ずる不満です。本当にデザインが良い製品には、だれしもつい手に触れてみたくなるものなのです。良いデザインの製品を購入すれば、消費者が必要な機能を得ることに加え、所有する喜び、使う喜びなども得られる事でしょう。残念ながら、この国のメーカーが作った製品に、所有することが自慢になるモノは殆ど見当たらないのは残念な事実です。もちろん、数は少ないのですが、いくつかの工芸品に中には、何年待っても入手したいモノがいくつかあるのは事実ですが、わゆる工業製品の中にはその様なモノは殆ど見当たりません。そもそも、この国には、NYにある近代美術館の収蔵品の様に、カテゴリー毎にデザインが優れた製品を展示し、顕彰するという文化さえ無いのです。
それどころか、この近代美術館に収蔵されて初めて、あの電化製品は実は優れたデザインだったのだ、と「評価が逆輸入される」始末です。この国で、工業デザイナーが、やや幅を利かせているのは、たぶんモニュメント的な建物の設計や自家用車の外観デザインの分野程度ではないかと想像しています。悲しい事に、実用的な技術屋であった投稿者にも、デザイン的なセンスは殆ど無い事を告白しておきます。

 

|

« 3580  技術よりビジネス | トップページ | 3582  シーズよりニーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3580  技術よりビジネス | トップページ | 3582  シーズよりニーズ »