« 3587 ブルーオーシャン2 | トップページ | 3589 ブルーオーシャン3 »

2019年5月13日 (月)

3588  ポツンと・・・

日曜夜の「ポツンと・・・」というTV番組が人気の様です。投稿者としても時々視聴しますが、なかなかに興味深い人と暮らしが登場します。この番組が何故人気なのかですが、それはとりもなおさず人里から遠く離れた山間地や離島で、不便であるがしかし時間や山の恵みに感謝しながら暮らす、かつて日本にあった本当の田舎暮らしを、今でも実践している姿を見る事の興味でしょう。人里離れた場所での暮らしは、今日でこそ電気も通っていない場所は殆ど無いのでしょうが、買い物にせよ、病気になった場合にせよ、アクセスは大変でしょう。特に積雪地では、車の使用もままならないでしょうから、殆ど「冬籠り」になってしまうでしょう。
加えて、番組に登場する殆どの人達が、いわゆる「後期高齢者」である事も興味深い点でもあります。つまり、人が何処で人生を終えたいか、あるいは終えるべきかをポツンと・・・の住人たちは身を以て示してくれているのでしょう。生まれ育ち、あるいは若い日に嫁ぎ、長年暮らした場所で一生を終えるために、不便な暮らしを(たぶん楽しみながら)続ける人達の生き方は、確かに参考になりますし、また参考にすべきでしょう。家の周りの自然から手に入るものは、ありがたく頂戴し、手に入らないものは諦めて、無しで済ますか代用品で済ます生活。時々害獣に作物を横取りされながら、それをある意味「自然の取り分」として喜捨している様にさえ見える暮らしは、額に汗する労働の尊さに繋がっている様にも見えてしまいます。
ポツンと・・・の彼らの暮らしは、資源に恵まれない、しかし自然には恵まれている、一方で超高齢化社会に突き進んでいるこの国に暮らす我々の、食べ物やエネルギーの入手や暮らし方の理想的なサンプルだと思うのです。そこでは、山菜やジビエや自家農園で得る食糧を食べ、薪で風呂焚きや暖を取り、羽釜で飯を炊き、しかしゴミを殆ど出さない生活スタイルは、少し前に流行ったナンチャッテLOHASなど足元にも及ばない、それを突き詰めた暮らしぶりだと思うのです。いずれにしても、私たちはポツンと・・・の住人の暮らし方を、目を凝らして観察し、出来るところから真似をするべきだと思うのです。このユニークな番組の視聴率が更に上がる事を期待しています。

 

|

« 3587 ブルーオーシャン2 | トップページ | 3589 ブルーオーシャン3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3587 ブルーオーシャン2 | トップページ | 3589 ブルーオーシャン3 »