« 3649  環境学は総合学 | トップページ | 3651  雑草の戦略 »

2019年8月28日 (水)

3650  一応の区切り

55歳で完全なフリーランスになった2006年の夏に、暇だったので何気なく始めたブログですが、始めるに当たっては、兎にも角にも「毎日1稿」はアップしようと決めていました。振り返って書き溜めた原稿を眺めてみると、初期には、1日に2稿書いていた日もあった様です。累計3650稿という事は、毎日1稿をアップして365日/年書き続けると、丸10年間アップし続けたという勘定になります。当然の事ながら、仕事や旅行でアップ出来ない日も多かったので、実際には丸13年を要した事にはなりました。
このブログは、「環境ブログ」という事で書き出しましたが、もちろんここまでで環境問題に関して書き尽くしたとは思っていません。何故なら「環境」とは、宇宙を含む「森羅万象」を抱合するのであり、神でもない限りそれら全てを論ずる事は元々無理な話だからです。それでも、環境というKWで凡人として考えられる限りの面から論じてはきたつもりでした。振り返って自分の投稿を読み返すと、初期はかなり大上段に振りかぶってはいたものの、我ながらなかなか「良い事」を書いていたとは思います。
最近はといえば、どちらかと言えば随筆的な投稿が多くなってしまった様ではあります。つまりは、凡人の頭で考える「環境ネタ」が尽きてしまった様な気もするのです。もちろん、一応の区切りの投稿数に達したとはいえ、ここで投稿を止める訳ではありません。書き残すべき事を思い付いた場合には随時アップしていく事とします。ただ、投稿(更新)の頻度は大分少なくなるとは思ってます。
さて、PCでブログを開いてみると左側に「バックナンバー」が表示されますが、その文字をクリックすると、2006年8月からの全てのバックナンバーが月別に表示されます。それをさらに開いて拾い読みしてみると、特に初期には、我ながら環境問題を熟考しながら力を入れて書いていると振り返っています。(スマホの場合には、上のカテゴリをタップし、アーカイブを開くと見られます)機会があれば、何らかの形で投稿を編集し、自費出版してみたいとは思っていますが、先立つものを準備出来るかどうか、自分の中にそのパワーが残っているか全く自信がありません。たまたま、このブログを読んでいただいた方々には、時間が許せば是非バックナンバーも読んでいただきたいと思います。但し、合計3650題もありますので、全部読むにはかなりの時間をいただく事にはなります。ある人が最近それをやってくれた様ですが、約3か月掛かったと教えてくれました。
実は、この環境ブログとしては1,000題のポイントで一応の区切りをつけており、1,001以降は「随筆ブログ」としてやや趣が変化しています。1,000題直前の十数題は、環境ブログとしてのまとめとなっていますので、2009年の4月の投稿を眺めていただくだけでも、このブログの主旨がある程度伝わるのではないかと思っています。蛇足ですが・・・。

|

« 3649  環境学は総合学 | トップページ | 3651  雑草の戦略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3649  環境学は総合学 | トップページ | 3651  雑草の戦略 »