« 3706  最初に決断ありき | トップページ | 3708  最初に決断ありき3 »

2020年1月26日 (日)

3707 最初に決断ありき2

素材の脱化石燃料が進んだとしても、GHGの大幅抑制が進む訳ではありません。それは、家電に囲まれ、雨に濡れずに車で移動する「便利過ぎる」私たちの生活スタイルを変えないからなのです。便利過ぎる生活スタイルを支える、便利過ぎる家電、自動運転まで視野に入って来た快適過ぎる車、冷暖房が完備された快適過ぎる住宅や職場、調理済みでレンチンだけでありつける超便利な食事、これらの利便が欲しい時にすぐ手にできる様にできる流通業などを機能させるためには、膨大な量のGHGの排出が前提となるのです。
これらにどの様な有効な網が掛けられるか、甚だ疑問でもあります。「炭素税」が、いくつかの国で提案されつつある有効な法制(税制)の一つでもあるのですが、これは間違いなく経済活動にブレーキとなる政策でもあります。炭素税こそ化石燃料を使う活動を直性抑制する仕組みだからです。しかし、採掘、製造、流通、廃棄までのGHG抑制に最も有効な手段の一つでもあるのは間違いないでしょう。つまり、私たちの選択肢は限られているという事です。経済成長を諦めて、GHG抑制に勤しむか、あるいは欲望のままに振舞って、温暖化と心中するかの二択です。現状維持が中立かと問われれば、温暖化にブレーキが掛けられないのですから後者を選んだ事になります。
最初に決断ありきとの表題にしたのは、私たちには前者の選択肢しかないと言いたかったからです。温暖化による災害を食い止めるには、この国の、最終的には全ての国々でGHG排出ゼロをゴールと定める必要があるのですが、問題は大多数の人々の豊かになりたい(便利で食べ物に困らない生活をしたい)という欲望を政策や法制で抑え込むことが可能か否かだと言えそうです。それが如何に難しいことであるかは、COPを何十回開催しても、不十分であいまいな削減目標の合意しか得られない状況一つを眺めても明らかです。スエーデンの元気のよい女の子の世代がCOP会議に出席する様な時代(数十年後)まで待たなければならないとすれば、結果的に私たち世代は、後の世代に、温暖化との心中を選んだ世代という烙印を押されることになるのでしょう。不便を楽しみ、便利さへは決別するという決断がいま必要です。

 

|

« 3706  最初に決断ありき | トップページ | 3708  最初に決断ありき3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3706  最初に決断ありき | トップページ | 3708  最初に決断ありき3 »