« 3716 機能を売る2 | トップページ | 3718 ウィルスの戦略 »

2020年2月25日 (火)

3717  機能を売る3

しつこい様ですが、機能売りの実例をもう少し眺めてみようと思います。モノ売りと機能売りの違いを見てみましょう。モノ売りとは、製品を代価を受け取って(殆どの場合はお金)消費者に売り渡すことですが、一方で機能売りの例としてはレンタカーなどが挙げられます。つまり、レンタカーを借りる客は、空港から目的地まで移動するという機能を購入する訳です。勿論、電化製品なども購入する目的は、その製品が発揮する機能を買うのは同じですが、購入するという行為は、そのモノ自体を買い取る行為である点がレンタルやリースとは事なるのです。
車について考えるなら、機能だけを買う場合と買取の場合の違いは、鳥の目で見ればこの国の駐車場に大きな差が出てくる筈です。つまり、車を買い取る場合は使わない時間帯は駐車場に止めている訳で、一方リースの場合は店舗に戻っているので、私たちが移動に使う車の全体の台数を大幅に減らすことが可能なのです。車の台数が減れば、車を作るために必要な資源や製造に必要なエネルギーを節約できますし、それらが最終的にスクラップにになった時に発生するごみも減らせるでしょう。
住宅に関しても同様の事が言えそうです。住宅は車以上に事態は深刻です。つまり、空き住宅が増え続ける一方、住宅メーカーは宅地を開発して新築住宅やマンションを作り続けているのです。快適な住宅に住みたいという欲求や事情は、実は年代家族構成ごとに異なります。独身者、妻帯者、子供の数、老齢期に加えて職業の状況などで人生のフェイズも生活スタイルも異なるからです。であるならば、広いj住宅が必要な時期に狭い戸建て住宅やマンションを購入したり、老齢期に広すぎる家に住んでいたりといった無駄が生じない様な住宅供給システムを考え出すべきでしょう。それには、賃貸しと、買い取りでも必要な場合の買い替えが容易とする様な法制、税制上の改正も必要となるでしょう。
いずれにしてもこの国ではマイカーとかマイホームと呼んで、モノを買い取って所有する事に価値を見出す「貧乏性」の国民が多い様なのです。機能売り、機能買いのシステムをもう一度デザインし直すことが無駄なモノを作らない=廃棄物を減らす第一歩の様な気がします。

|

« 3716 機能を売る2 | トップページ | 3718 ウィルスの戦略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3716 機能を売る2 | トップページ | 3718 ウィルスの戦略 »