« 3777  ミニ終活? | トップページ | 3779  休稿 »

2020年6月23日 (火)

3778  終活2

この歳(間もなく古希)になると、人生の締めくくり方を時々考えます。百名山を踏破してしまうと、当面の大きな目標も無くなり、燃え尽き症候群になるかも知れません。取りあえずは、鳥海登山100回などと新しい目標を立てて、それなりに生きていくのでしょうが、やはり何かしらの「自分が生きた証」を残したいとも考えるのです。「それ」は何らかの形で、後の人々の役に立ち、「あって良かった」と思われる様な形のあるものを残すのが理想ではあります。実は、「それ」には今のところ、2つの候補があります。
一つ目は、デシカント冷房機です。デシカント(乾燥剤)を使って、部屋の空気の湿度を連続的に下げて、一方では超音波加湿器で加湿をして気温を下げるものです。デシカントを使った除湿器と言う製品は今でも販売されてはいますが、投稿者が考えているのは、デシカントの再生を電熱ではなく、太陽熱で行うもので、デシカントや熱交換器はやや大きくはなりますが、必要な電力は送風機やローター用の小さなモーター用だけなので、数十ワット程度で済むでしょう。太陽熱は、内部を黒く塗った簡単なガラス箱で得られますから、1kw程度の消費電力のいわゆるエアコンに比べれば、1/10以下の電力で涼しさが得られることになります。しかも、太陽がカンカン照りの日ほど、部屋の温度を下げる事が出来るの訳です。
もう一つは、ペレットフィーダーの開発です。あまりメジャーではありませんが、ペレット燃料が手に入り、冬季にストーブ暖房が必要な地域では、ペレットストーブがジワジワと普及しています。しかし、投稿者自身もペレットストーブの試作をしてみましたが、鉛筆の消しゴムの様な形(円筒形)のペレットを定量送る仕掛けが結構大変なのです。一般には、螺旋のフィーダーで送るタイプが殆ど(全部)の様ですが、投稿者が考えているのはペレットを縦向きに並べ替えて、細いステンレスのパイプの中を送る様なフィーダーなのです。これで何が良いかですが、例えば既存の薪ストーブの横に小さな穴を明ければ、薪ストーブが即ペレットストーブに早変わりする訳です。新しくペレットストーブを開発する場合でも、ストーブ本体とフィーダーを別置きにすることができ、薄型デザインのストーブも実現でき、火事に対する安全性も向上するのです。
今2つ目の開発プロジェクトは動き始めていますが、前者は残念ながらまだ頭の中にしかありません。先ずは百名山を踏破して、仕事もグンと減って毎日が日曜日になったら本格的に取り組むつもりです。

|

« 3777  ミニ終活? | トップページ | 3779  休稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3777  ミニ終活? | トップページ | 3779  休稿 »