« 3848 水素社会は来ない | トップページ | 3850 今更宇宙開発? »

2020年11月13日 (金)

3849 空飛ぶタクシーは飛ばない

昨日に続いてややネガティブな投稿になります。ドローン型や、車に翼を付けた軽飛行機型の空飛ぶ車の発表や再発表が続いています。再発表と書いたのは、思い起こせば1950-60年代にも、軽量化された車に翼を付けた空飛ぶ車がいくつも試作された時代があったからです。その時は、先進的過ぎて、かつ高価過ぎて夢の空飛ぶ車で終わったのでした。しかし、今回は特に車メーカーも力を入れて開発に邁進していることもあり、実用に近いものが急速に続々と発表されている様です。特にお隣の韓国では、ナショプロと位置付けて、開発のピッチを上げていると思われます。
しかし、元技術屋の目で見ても、空飛ぶ車程危険な乗り物は存在しないと言えるのです。その前に、そもそも私たちは二次元で動く車の事故さえ無くすことには成功していない事実を直視すべきででしょう。事故にはいくつかのファクターがあるのでしょうが、大きくは1)車自体の劣化や故障によるものと、2)運転者の操作ミスに起因するものが挙げられます。ここでは豪雨などの天候異常や地震になどの3)天変地異によるファクターは除いていますので、いわゆる人為的な原因によるものだと言えるでしょう。
2)のファクターによる事故を防ぐためとして、いわゆるスマアシや自動運転車なども開発されては来ましたが、1)の車載コンピュータの誤作動や、アクセル・ブレーキ系統の故障に関してはほぼお手上げ状態だと言うしかありません。何故なら、運転者は車のメンテナンスにはできるだけお金は使いたくはないし、同じ車をできるだけ長く使い続けようとする傾向にあり、結果として整備不良の車も多く市中を走り回っていると想像されるからです。
一方、空飛ぶ車に関して言えば、3次元の自由度を持った乗り物であることを忘れてはならないでしょう。飛行体が急激に高度を失い、地面にハードに着地する事を墜落と言いますが、空飛ぶ車の事故では圧倒的にこれが多いと想像できます。そもそも、ヘリの様に機体の最上部のプロペラがあるものは、力学的には浮力の下に重心があり、吊り下げ型なので安定していますが、それでもヘリの事故は耐えません。一方で、ドローン型では浮力と重心がほぼ同じ高さにあるため、基本的には不安定な乗り物だと言えるでしょう。もし、突風に煽られたり、いくつかのローター(プロペラ)が止まってしまった場合、この大型のドローンはバランスを失って、墜落は免れられない筈なのです。飛行体のクラッシュが乗員に甚大なダメージ(多くは死亡事故)を及ぼす事は、折々の飛行機事故の報道でも明らかでしょう。日々快晴で無風が続く筈もありません。山国でもあるこの国では、複雑な風も吹くでしょう。雷雲が来ればダウンバーストも発生するでしょう。そんな気象条件の中を飛ぶ空飛ぶ車は、まるで宙を舞う木の葉の様なものだと言うしかありません。そんな危なくて、しかも天気の良い日にしか乗れない不便な乗り物が、ブンブンと空を飛ぶ時代など絶対来ないと断言しておきます。

|

« 3848 水素社会は来ない | トップページ | 3850 今更宇宙開発? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3848 水素社会は来ない | トップページ | 3850 今更宇宙開発? »