« 3851 努力はシームレス | トップページ | 3853 運ばない社会2 »

2020年11月17日 (火)

3852 運ばない社会

より環境負荷の小さい社会の仕組みとして、ここでは出来るだけ「運ばない社会」を提案したいと思います。投稿者の子供時代、運送の手段としては遠距離ではほぼ鉄道だけ、市内などの近距離の運搬では、少ないトラックや馬車と数多くのリヤカーや人が押す四輪の運搬車が活躍していました。勿論、冬季には箱ぞりや馬が引くソリも多用されていたのです。取り分け鉄道は各地の名産品や農産物や工業製品の交易手段として、輸送の大部分を担っていたのです。
勿論、鉄道貨物などは運賃が結構高く、記憶に残っている限りでは、お小遣いが10円程度だった時代、段ボール箱1個で数百円や千円ほど取られていた様に思います。物価から考えれば、多分今の価値にすれば数千円ほどのレベルだったと想像できます。従って、モノを運ぶのは本当にそれが必要なタイミングに限定され、日用品の多くはそれが消費される地元で賄われていたのでした。今日では、それを敢えて「地産地消」などと呼びますが、それが当たり前だった時代が長く続いたのです。
これが画期的に変化したのは、高速道路網の整備が始まって、国道も拡幅・舗装工事が盛んに行われ、トラック便による物流が格段に増えた時代でしょう。この頃(1960年代の終わり)に、自転車で東北地方を旅行した事がありますが、一桁国道でも、ところどころ未舗装の区間が残っていたのでした。しかし、1970年代に入ると、主要国道に未舗装区間は殆ど解消され、トラックでの輸送量が飛躍的に増大したのです。いわゆるモータリゼーションの大波が起こったのでした。二度のオイルショックやその後の石油高の時期を潜り抜けて、輸送手段はさらに空に広がり、新幹線網の整備も相まって、国内の長距離旅行は勿論、海外旅行も庶民レベルに降りて来たのでした。
しかし、現在までのところ、種々の輸送手段のエネルギー源は、殆ど「石油」に限定されてしまっています。理由は明確で、石油は常温で液体であり、可搬燃料として、エネルギー密度の高いエのはほぼ石油に限定されているからです。勿論ある時期にはLPG(液化石油ガス)車が、市内の配送やタクシーには一部使われてはいましたが、燃費ではその後開発されたハイブリッド車に軍配が上がってしまったので、今は殆ど使われてはいないでしょう。残念ながら、航空機燃料を含め、石油代替のエネルギー源は未だ現れてはいないのです。続きます。

|

« 3851 努力はシームレス | トップページ | 3853 運ばない社会2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3851 努力はシームレス | トップページ | 3853 運ばない社会2 »