« 3867 記憶から創造へ | トップページ | 3869 新年にあたって »

2020年12月28日 (月)

3868 記憶から創造へ2

疑問を持っている子供へ、単に答えをストレートに教えるのは親としては失格でしょう。自分自身がそのダメ親だったので、育った子供たちを見ていてシミジミそう反省しています。子供が出来ない事を「こうやるんだ」と言ってさっさとして見せるのも同様にご法度でしょう。一応の原理を教えて、あとは自分で工夫してできる様にさせるのがベストでしょう。
両者に通ずるのは、要は子供に工夫をさせ、その結果曲りなりにも結果が出て、何らかの達成感を持たせることが必要なのであって、その繰り返しによってのみ子供たちが成長すると思うのです。自分自身の事を振り返っても、商売で忙しい親は基本的には放任主義でした。勿論、方針としてそうだったのではないのでしょうから、たぶん仕方なくそうしていたのでしょう。その分、近所の友達と外で暗くなるまで遊び、時々に親が連れて行ってくれる河口での釣りに興奮し、小学校では学校の近くの模型屋のオヤジが教えてくれる模型飛行機作りに熱中した子供時代を懐かしく思い出します。
竹ひごをロウソクの火を使って設計図通りに曲げ、アルミニウムの管でつなぎ、バルサで出来たリブを渡してセメダインでくっつけ、その上に薄い紙を貼って翼型を作ってゴム動力で飛ばすのです。最低限の材料と、設計図を頼りに完成させ、その後飛ばしてみて重心と浮力中心を合わせる調整をすれば、飛行機は数分間飛び続けるのでした。上昇気流が強い日には、折角作った飛行機が山のかなたに消えて行ってしまった事もありました。
自分自身の経験から言っても、工夫の積み重ねと、その結果生まれた小さな達成感の積み重ねこそが、創造性の根源だと断言できます。もし、今自分が無垢の赤子を育てる機会に恵まれたとしたなら、たぶん創造性に溢れた子供に成長させる自信がありますが、アラ古希に近い投稿者にとってそれは、間違いなく叶わぬ夢になるのでしょう。ここで言いたかったのは、記憶力だけを評価する様な、この国の従来の様な勉強と言う呼び方の教育はすぐにでも止め、子供たちの好奇心と小さな達成感を刺激する様な学習意欲に訴える「学び」に切り替えるべきでしょう。

|

« 3867 記憶から創造へ | トップページ | 3869 新年にあたって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3867 記憶から創造へ | トップページ | 3869 新年にあたって »