« 3945 コロナの長期化? | トップページ | 3947 人口の地方分散 »

2021年5月28日 (金)

3946 コロナの長期化2

この国におけるコロナ騒動の長期化のもう一つの原因として、底の浅くなった経済活動も挙げる事が出来そうです。底が浅いという意味は、戦後の経済成長で確かに経済の規模、川に例えて言えば、川幅は大きく広がったのですが、川の浚渫を怠った結果、川底が浅くなった状態と言えます。川は日夜流れていますが、水流は降雨や干ばつによって大きく変化するでしょう。経済も同様で、今回のコロナパンデミックの様に、日々のマネーフローに依存する自転車操業の業界(主にサービス業と言われる業界)が大きな影響を被っている訳です。
この様な業界では、水量(マネーフロー)が減ると途端に川底が見えてしまうのです。つまり、客足が減ったり止まったりすると、ほぼ同時にモノ(例えば食料)やカネのフローもストップしてしまうのです。その流れの中に何処にもストック(ダム)は無いので、収入が減れば明日からの材料の仕入れや、アルバイターたちへの給与の支払いも出来なくなるのでしょう。税金で行う休業補償も何時までも続ける事が出来る訳ではないでしょう。それでなくとも赤字財政の国ですから、補償の原資は全て将来世代からの借金(国債)に頼らざるを得ないのです。
そのため、政府としてもパンデミックを押えるためのブレーキ(蔓延防止策)を少し踏んでは、十分ではない短めの期間に緩めざるを得ないのです。これが、何度も繰り替えず第X波と呼ばれる感染者の山につながる訳です。つまり、底の浅い経済こそが、パンデミックを長引かせる第二の要因につながっていると言うしかないのです。
今回のコロナウィルスも、原理的には感染を繰り返す内には弱毒化し、やがて普通のインフルエンザ並にはなるのでしょうが、3945で述べた人流の拡大と本稿で述べた経済的理由で、過去のパンデミックよりは長期化を覚悟しなければならないのは確実の様に見えます。投稿者は、主に年金に依存して暮らしを立ててはいますが、年金こそは過去の蓄積(ストック)に他なりません。ではサービス業におけるストックとは何を意味するのでしょうか。例えば、外食産業で言えば、生物(野菜や鮮魚や果物)等の比重を減らし、乾物などの長期保存が効く材料へシフトしたり、賃貸物件での営業から、自前の店舗や移動販売などの手段を併用した営業スタイルへの移行などが考えられそうです。しかし、人流拡大を前提とした、観光業・旅行業や旅客輸送業などは、ここで立ち止まって、(楽観的な右肩上がりの)将来予測を見直した方が良いのは言うまでもないでしょう。つまり、現状維持かやや右肩下がりでも収益が確保できる様なビジネスモデルを作るしかないのです。残念ながら。

|

« 3945 コロナの長期化? | トップページ | 3947 人口の地方分散 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3945 コロナの長期化? | トップページ | 3947 人口の地方分散 »