« 3976 温暖化の先行2 | トップページ | 3978 コロナとの共存 »

2021年8月21日 (土)

3977 結局パンデミックとは何か

新型コロナは、次々と「なんとか株」に変身しながら、2年近くに亘って人類を攻め続けています。当面収束の見込みは立たない様ですので、更に1年又は数年に亘って人類を窮地に貶め続けるのでしょう。確かに先進国ではワクチン接種が行き渡りつつありますが、そうでない途上国では感染を繰り返し、その中から新たな変異株も生まれてくるのでしょう。勿論、これまでの感染症の歴史が示す様に、変異株は原理上徐々に弱体化する筈ですから、何時かの時点では今回のコロナウィルスによるパンデミックも収束はするのでしょう。
しかし、細菌性にせよウィルス性にせよ、パンデミックが人類を度々襲うのには、何らかの「自然の意志?」が働いていると考えるのが正しいと思うのです。自然には、ある状態を維持しようとする力、すなわちホメオスタシスが働きます。多くの生物は、その自然が許す範囲内で生きてきましたが、唯一人類だけがその「定め」に反して繁栄を続けて来たのです。もし、自然が人類を命の危機に落とそうとしても、私たちは「自然を改変」してでも、それに抗って来た筈です。住宅という人工環境を作り、それを地下から掘り出した化石エネルギーを使って空調し、土地が無理なく与える以上の食糧を人工の肥料や農薬を使って搾り取り、大量のエネルギーを消費しながら、大量の物資を輸送し、人々を移動させてきた訳です。
その自然の改変のスピードは、地球の歴史上も非常に急激過ぎて、地球環境のホメオスタシスをはるかに超えてしまった事は、近年の温暖化傾向が加速している事だけも明らかでしょう。自然界に目を向けると、例えばある種のげっ歯類や昆虫などが異常に繁殖する場合がありますが、自然はその種の数を適正な数量に戻すために、例えばその種間にパンデミックを起こすとか、食糧を減らす事によって、大量死を起こし、その数を抑制しようとするでしょう。では、増え過ぎた人類に対してはどうでしょう。今までのところ、食糧で人口を抑制する事には成功していない様に見えます。大陸における大規模農業では、未だ地下深くの「化石水」が採取可能であり、農産物輸出国がそれなりに存在しているからです。しかし、自然環境は他の手段では上手くいかないと見て、今回は「コロナ攻撃」すなわち、コロナパンデミックという「直接的な手段で人口抑制を仕掛けて来た」とは考えられないでしょうか。投稿者には、どうしてもその様に見えて仕方がないのです。

|

« 3976 温暖化の先行2 | トップページ | 3978 コロナとの共存 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3976 温暖化の先行2 | トップページ | 3978 コロナとの共存 »