« 3996 ガソリン200円時代 | トップページ | 3998 ゼロエミのまやかし »

2021年10月28日 (木)

3997 隠れた環境問題

環境問題には、今まさに感ずる事が出来る見えている問題となかなか目には見えにくい、隠れた問題があります。前者の例としては、かつての公害問題をはじめ、ごみ問題や洪水などの目に見える問題を引き起こし始めた温暖化問題などがありますが、では後者の問題とはどのようなものでしょうか。例えば、温暖化問題も始めは隠れた環境問題だったのです。大気中の、温暖化効果ガス(GHG)の濃度上昇など、人間の五感で感ずる事などできませんので、温暖化に起因するとされる目に見える災害が多発している近年までは、やはり隠れた問題だった訳です。更に例を挙げれば、化学物質の環境中への蓄積があるでしょう。PCBは、急毒性のある顕著な例ですが、PCBの生産が続いていた時期やその後の廃棄時期には、違法に投棄されたものが環境に蓄積されていった筈です。取り分け、それが生物に取り込まれ、食物連鎖によって濃縮が起こるケース(例えば水俣湾における有機水銀中毒)は最悪です。急毒性ではない化学物質でも、農薬など広く使われる化学物質が引き起こす、慢性的な生物や人への健康被害も重大問題です。環境ホルモンと呼ばれる化学物質では、爬虫類のメス化が注目されてはいますが、では人体に対する環境ホルモンの影響評価については、未だ研究途上だと言うしかない状況なのです。
放射能汚染は、まさに人類が引き起こした大問題でしょう。放射能の発見者も悲劇的な最期を遂げましたが、冷戦時代に行われた数限り無い原水爆の実験やその内のたった2発の「実戦実験」がこの国の上空で行われた結果の重大さについては、繰り返すまでもないでしょう。放射能の怖ろしさは、直接的な「外部被ばく」だけではありません。核種にもよりますが、半減期が長く環境中に長期間に亘って放射線を出し続けるケースやストロンチウムや放射線ヨウ素の様に、体内の骨や甲状腺に取り込まれてしまって、長期に亘って人体に悪影響を及ぼし続ける「内部被ばく」こそ、目には見えない被害と言えるでしょう。放射線とは区別されがちですが、送電線や通信設備からの電磁波による見えない被害も銘記すべき見えない環境問題と言えそうです。
隠れた環境問題に関しては、五感では感知できない筋合いの問題ですので、兎に角アンテナを伸ばして、この種の情報に敏感になるしか無さそうです。その意味で、このブログでも情報発信を続けては行きますが、次のようなキーワードで、時々は検索をしてみる必要はあるでしょう。「残留農薬」「環境ホルモン」「環境放射能」「環境濃度」「見えない汚染」などなど、です。

|

« 3996 ガソリン200円時代 | トップページ | 3998 ゼロエミのまやかし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3996 ガソリン200円時代 | トップページ | 3998 ゼロエミのまやかし »