« 4004 我が家の温暖化対策3 | トップページ | 4006 更に新しい資本主義  »

2021年11月26日 (金)

4005 再エネより省エネ

世の中では、温暖化対策として、化石エネルギーにとって代わる新エネやゼロエミにつながる代替再生可能型エネルギーを何に求めるべきかの議論が盛んです。そのために、2030年までにどの程度CO2を減らすとか、2050年までに「実質的に」ゼロエミを達成するとかの「空約束」を繰り返しています。しかし、今公約しまくっている政治家やそれをサポートする官僚が、2030年や2050まで現役でいて約束を履行できるとは確約できないでしょう。それどころか、たぶんSDGsでもそうである様に、ゴールを「目標」と言い換えて、2030年CO2排出43%減や2050年実質ゼロエミは、ゴールではなく目標だった、と言い直すのは目に見えているのです。ゴールであれば、ゴールテープを切らなければなりませんが、目標なら60点取れば、及第点であると言い逃れることも出来るからです。
そうではなくて、先ずは今の超便利で快適な生活スタイルを見直して、現在のベースに比べてエネルギー使用量50%(半減)を目指すべきだと思うのです。それは決して無理な「ゴール」などではなく、単純に1980年代の暮らしレベルに戻すだけで良いのです。バブル前の1980年代レベルの生活がそれほど耐えがたく、それほど不便であったとは絶対に言えないでしょう。その後から現在に至るまで、私たちは一家で複数台の車を持ち、短い距離でも車で移動し、全室にエアコンを備え、航空機をバンバン使って海外旅行をしまくり、季節外れの温室作物や輸入食品を求め、3割もの食べ残しを出す「過度に贅沢」な暮らしを実現したのでした。
これを反省し、1980年代の暮らしに立ち返るだけで、エネルギー使用量の半減はすぐにでも達成可能なのです。実行は簡単です、直接のエネルギー使用量を半減するには、車の使用頻度を2回を1回に減らし、エアコンのスイッチの半分に「使用禁止」のシールを貼り、旅行の頻度を半分に減らすだけでOKです。間接的なエネルギー半減で言えば、温室で作っている作物を買う頻度を半分にする代わりに国産の旬の作物の量を増やし、ダイエットを兼ねて食べ残しを出さない程度に少なめに調理すれば良いだけなのす。たったそれだけの行動で、2030年目標のゴールテープは簡単に切れるのです。そこから20年かけての、ゼロエミ社会への移行は、投稿者としてはそれほど難しいとは思っていません。インフラもテクノロジーもそれなりに進む筈だからです。変えなければならないのは、私たちの生活スタイルであり、必要なのはそこに至るための覚悟を固める事だけなのです。

|

« 4004 我が家の温暖化対策3 | トップページ | 4006 更に新しい資本主義  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4004 我が家の温暖化対策3 | トップページ | 4006 更に新しい資本主義  »